クロンヌ、デビュー戦惨敗…

クロンヌ

img_20161215_221158
※画像はクラブ公式HPより許可を得て利用しています。

出資馬クロンヌが先週中山のマイル戦でデビューしました。

まさかの1番人気に指示されたものの、全く見せ場無しの13着でした。

レースは好スタートを切ったものの、鞍上が意識的に下げたような感じで、その後折り合いに苦労し、鞍上とケンカしてるように見えました。

結果、4コーナーではもうさっぱりでズルズル後退…

レース前から菊沢調教師のコメントで、「燃えやすい気性なので今後のことも考え、控える競馬をしたい。」と言っていましたが、実際北村騎手にもそう指示していたようで、レース後も「カーッと行かせてしまうと鞍上とコンタクトとれなくなってしまうから」とのことでした。

一口オーナーなので口出しは出来ない立場ですが、個人的には好スタート切ったんだから、出たなりの位置で競馬して欲しかったです。

逃げたって良いです。

先頭に立って落ち着いたら、抑えてあげれば良いです。

なんで脚質「逃げ」はダメみたいな風潮があるんですかね?

そりゃ万能脚質に越したことはないけど、差し・追い込みの方が不利受けたり、展開の影響を受けやすいと思うんだけどなぁ?

馬とケンカになった方が、馬が競馬を嫌になってしまうと思うんです。

個人的には、地味でも先行抜け出しが最強だと思います。でも、最初から最後まで先頭でどの馬より速く走れるのが、サラブレッドの理想だと思うですよね。

北村騎手のレース後のコメントでは、周りの馬を気にして外に逃げていて、最後に両サイドから挟まれたら完全にやる気を無くしたそうです。

えっ?だったら…

逃げた方が良かったじゃん!

惨敗で優先出走件もないので、このあとはいったん放牧だそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました